門林宏和さんが第56回高圧討論会でポスター賞を受賞

(左から)平井客員教授,門林さん,大藤准教授

(左から)平井客員教授,門林さん,大藤准教授

 大学院生の門林宏和さん(理工学研究科先端科学特別コース博士後期課程1年)が,2015年11月10日(火)~12日(木)にかけて広島市にて開催された日本高圧力学会の年会(第56回高圧討論会)において,ポスター賞を受賞しました。

 門林さんの受賞ポスターのタイトルは「高温高圧下におけるメタンハイドレートの状態変化」で,GRCの大藤弘明准教授,平井寿子客員教授,および産業技術総合研究所と高輝度光科学研究センターの共同研究者らとの成果を発表したものです。メタンハイドレートは,水素結合によって水分子が作るケージ(籠)構造中にメタン分子を包有する水包接化合物で,氷やメタンを主要な構成要素とする海王星や天王星,タイタンなどの巨大氷惑星や衛星の主要成分の一つとして考えられています。それらの氷天体の内部は高温高圧の状態にあることが知られていますが,これまでのメタンハイドレートの研究はほとんどが室温~低温高圧条件で行われており,氷天体内部に相当するような高温高圧下での物理挙動は調べられていませんでした。
 
 門林さんらはメタンハイドレートの高温高圧環境における結晶構造の変化や安定性および分解生成物について,放射光を利用したその場X線回折やラマン分光,電子顕微鏡などを用いて詳しく調べました。その結果,メタンハイドレートが35 GPa,300 ℃以上の条件下で水(氷)とメタンに分解し,メタンはさらにダイヤモンドと水素へと分解することを初めて明らかにしました。これらの研究成果は,メタンハイドレートに代表される様々なガスハイドレートの高圧物理挙動の理解に貢献するとともに,海王星や天王星などの氷天体の内部構造の推定にも新たな制約条件を与えると期待され,審査員にも高く評価されました。

【参考HP】
日本高圧力学会 http://www.highpressure.jp/

地球深部ダイナミクス研究センター

〒790-8577 愛媛県松山市文京町2-5
愛媛大学城北キャンパス
理学部構内総合研究棟Ⅰ >>Access Map
TEL 089-927-8197 / FAX 089-927-8167
サイトポリシー      内部専用ページ
Copyright GRC All rights reserved. | 旧ホームページはこちら