入舩センター長がEGUのBunsen Medal受賞者に選出

 ヨーロッパ地球科学連合(EGU)のR.W. Bunsenメダル2015年度の受賞者として,このほど入舩徹男GRCセンター長が選出されたとの連絡が同賞選考委員長から届きました。

 EGUはヨーロッパ諸国の地球科学者が参加する,ヨーロッパ最大の地球科学関連学会の連合体です。Bunsenメダルは19世紀のドイツの科学者Robert Wilhelm Bunsen(1811-1899)の業績を記念し,地球化学・鉱物学・岩石学・火山学分野から毎年1名選出される国際賞です(下記HP参照)。
 故Bunsen教授はセシウムやルビジウムの発見でも著名なハイデルブルク大学化学教室の教授で,化学・物理学の他に上記の地球科学分野においても重要な業績をあげています。理科の実験などで現在も用いられている「ブンゼンバーナー」は同教授の発明によるものであり,またその弟子から2名のノーベル化学賞受賞者を輩出していることでも著名です。
 今回の受賞は入舩センター長の高温高圧実験を用いたマントル深部及び沈み込むプレート関連物質の相転移・物性・化学組成の研究や,ヒメダイヤを初めとした新しい鉱物・物質の合成が高く評価されたものであり,我が国及びアジアからは初の受賞者となります。入舩センター長は,2016年4月17-22日にウイーンで開催されるEGU総会における授賞式に参加するとともに,受賞講演を行う予定です。

【参考HP】
ブンゼンメダル http://www.egu.eu/awards-medals/robert-wilhelm-bunsen/

地球深部ダイナミクス研究センター

〒790-8577 愛媛県松山市文京町2-5
愛媛大学城北キャンパス
理学部構内総合研究棟Ⅰ >>Access Map
TEL 089-927-8197 / FAX 089-927-8167
サイトポリシー      内部専用ページ
Copyright GRC All rights reserved. | 旧ホームページはこちら