淺野奈津子さんが日本鉱物科学会年会で研究発表優秀賞を受賞

 news_kobutsu_kenkyuhappyo_asano_151020
 GRCの大藤弘明准教授が指導する大学院生の淺野奈津子さん(理工学研究科博士前期課程1年)が,2015年9月25日(金)-27日(日)にかけて東京大学にて開催された日本鉱物科学会2015年年会で,学生会員の発表を表彰する第36回研究発表優秀賞を受賞しました。

 淺野さんの受賞ポスターのタイトルは,「天然多結晶ダイヤモンド,カーボナードの鉱物結晶学的記載と成因の考察」で大藤准教授及び東京大学大学院理学系研究科の鍵裕之教授との共同研究の成果を発表したものです。カーボナードは,数十~数百ミクロンの結晶の集合からなる黒色塊状の多結晶ダイヤモンドで,通常の地球深部(マントル)由来の単結晶ダイヤモンドに比較して,微細組織や炭素同位体比,微量元素成分などにおいて特異であることが知られています。そのためその起源についてはマントル内生成説のほか,宇宙空間生成説,衝撃生成説など多くの議論がありますが,いまだ謎に包まれています。

 淺野さんらは中央アフリカ産およびブラジル産のカーボナードの微細組織や結晶方位分布,内部包有物について電子顕微鏡を用いて詳しく調べ,その斑状多結晶組織が高過飽和流体中で形成された非平衡成長組織であることを明らかにしました。さらに,カーボナード中より初めて一次包有物(オンファス輝石組成を持つ鉱物)を見つけ,その生成に海洋地殻物質(エクロジャイト)が密接に関係している可能性を見いだしました。これらの観察結果は,カーボナードが地球深部起源であることを裏付けるとともに,その成因および生成環境の全容解明に大きく貢献するものと期待され,審査員からも高い評価を受けました。

 なお本表彰には副賞として,研究成果を発表する(もしくは調査・研究を行う)目的での海外渡航を支援する奨励金を受け取る権利が付与されています。浅野さんは、10月20日(火)~23日(金)にモスクワ大で行われる日露国際共同研究のシンポジウムで成果を口頭発表する予定です。

【参考HP】
日本鉱物科学会 http://jams.la.coocan.jp/

地球深部ダイナミクス研究センター

〒790-8577 愛媛県松山市文京町2-5
愛媛大学城北キャンパス
理学部構内総合研究棟Ⅰ >>Access Map
TEL 089-927-8197 / FAX 089-927-8167
サイトポリシー      内部専用ページ
Copyright GRC All rights reserved. | 旧ホームページはこちら