柿澤翔さんに学生優秀発表賞

GRCで研究をすすめている理工学研究科の柿澤翔(理工学研究科博士課程3年)さんが、2018年5月20日(日)~24日(木)に千葉県幕張メッセで開催された日本地球惑星科学連合(JpGU))の連合大会で学生優秀発表賞を受賞しました。

柿澤さん(左)、指導教員の井上教授(右)


 JpGUは我が国の地球惑星科学分野の学会や個人の連合体で、例年幕張メッセで全体の大会を開催しており、本年度は約8000名の参加者がありました。学生優秀発表賞は5日間の会議中に発表を行った学生による口頭・ポスター発表の中から、1割程度の優秀な発表に対して贈られます。国内外の研究機関から約600件の同賞へのエントリーがあり、このほど愛媛大学理工学研究科の柿澤さんを含む59名の受賞者が発表されました。
 柿澤さんの発表は「Alに富むsuperhydrous phase Bの安定性及び置換様式」というタイトルで、GRCの井上徹教授(広島大学とのクロスアポイントメント)の指導のもと研究をすすめています。

【JpGU 2018年連合大会 学生優秀発表賞】
http://www.jpgu.org/awards/ospa.html







地球深部ダイナミクス研究センター

〒790-8577 愛媛県松山市文京町2-5
愛媛大学城北キャンパス
理学部構内総合研究棟Ⅰ >>Access Map
TEL 089-927-8197 / FAX 089-927-8167
サイトポリシー      内部専用ページ
Copyright GRC All rights reserved. | 旧ホームページはこちら