河野前GRC特任助教・大藤准教授らの論文がNature Communications誌に掲載 (10/14)

カーネギー研究所地球物理学研究施設の河野義生研究員(前GRC特任助教)やGRC大藤弘明准教授らのグループによる、最新の放射光実験技術を用いた高温高圧下での二酸化炭素に富んだマグマの粘性に関する研究成果が、英ネイチャー出版のNature Communicationsの2014年10月14日号に発表されました。

本研究では、米国アルゴンヌ研究所の先進放射光実験施設(APS)のカーネギー研究所地球物理学研究施設のHPCAT(High Pressure Collaborative Access Team)により運営されているビームラインにおいて、新しい超高速X線イメージングと高温高圧実験技術を組み合わせることにより、二酸化炭素に富んだマグマ(カーボナタイトメルト)の粘性を精度良く測定することに成功。この結果、カーボナタイトメルトは玄武岩質マグマなどに比べて2桁程度粘性が低く、流動性が高いことが明らかになりました。カーボナタイトマグマを噴出している活火山として、現在ではタンザニアのオルドイニョ・レンガイ火山のみが知られていますが、過去には世界中で同種のマグマが発生したことがわかっています。今回の研究成果は、二酸化炭素の地球内部における存在量の推定や、マグマの移動プロセスを知る上で重要な基礎的データをもたらすものです。
本論文の筆頭著者である河野義生カーネギー研究所研究員は、GRCにおいて博士研究員・COE特任助教を経て、現在APSでビームラインサイエンティストとして国際的に活躍しています。また、共著者の大藤弘明准教授は、電子顕微鏡を用いた実験回収試料の微細組織観察および化学組成分析において本研究に貢献しました。

imagenews154p1

【発表論文】
Kono, Y., Kenney-Benson, C., Hummer, D., Ohfuji, H., Park, C., Shen, G., Wang, Y., Kavner, A., and Manning, C.E., Ultralow viscosity of carbonate melts at high pressures, Nature Communications 5, Article number: 5091, doi:10.1038/ncomms6091, 2014. (論文のリンク先はこちら

【参考ホームページ】
High Pressure Collaborative Access Team (HPCAT)

地球深部ダイナミクス研究センター

〒790-8577 愛媛県松山市文京町2-5
愛媛大学城北キャンパス
理学部構内総合研究棟Ⅰ >>Access Map
TEL 089-927-8197 / FAX 089-927-8167
サイトポリシー      内部専用ページ
Copyright GRC All rights reserved. | 旧ホームページはこちら