公開講演会「地震と物理で探る地球の内部」のお知らせ 【4月29日(金)】

kyo-tei_poster_160429
 GRCと東京大学地震研究所(地震研)が締結した連携・協力協定を記念した公開講演会を4月29日(金・祝)に開催します。
 この講演会では、世界で初めて四国直下で発見された「深部低周波微動」という特殊な地震と、巨大地震を引き起こすプレートの沈み込みとの関連について、この現象を発見した小原一成地震研所長がご紹介します。合わせて、量子力学を駆使した地球深部の構造と進化の最新の研究成果をGRCの土屋卓久教授が、ニュートリノなどの素粒子を用いた新しい地球内部研究について地震研の田中宏幸教授が、それぞれご紹介します。地域の皆さま、学内の皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げます。

【講演会ポスター】 

日時: 平成28年4月29日(金・祝) 13時30分~16時00分(開場13時)

場所: 愛媛大学南加記念ホール (学内マップ
参加申込: 無し(直接会場にお越し下さい)

参加費: 無料

講演者: 小原一成 (東京大学地震研究所 所長・教授) 
     田中宏幸 (東京大学地震研究所 教授)
     土屋卓久 (地球深部ダイナミクス研究センター 教授)

問合せ: 089-927-8165(GRC) 

主催: GRC, PRIUS, 新学術領域研究 「核-マントルの相互作用と共進化」 

地球深部ダイナミクス研究センター

〒790-8577 愛媛県松山市文京町2-5
愛媛大学城北キャンパス
理学部構内総合研究棟Ⅰ >>Access Map
TEL 089-927-8197 / FAX 089-927-8167
サイトポリシー      内部専用ページ
Copyright GRC All rights reserved. | 旧ホームページはこちら