河野 義生, Yoshio Kono, 准教授

    ■ 研究対象
    マグマの構造,物性
    放射光X線を用いた高圧実験
  • リサーチマップ
  • konosci.ehime-u.ac.jp

研究内容

マグマは本質的に地球深部で生成する高圧物質であり,現在の火山の活動や,地球内部のマグマ活動,そして地球の進化を理解するためには,地球深部の高圧下におけるマグマの状態や挙動を理解することが必要不可欠です.我々は高圧実験と放射光X線測定を用い,マグマの構造や物性が高圧下でどのように変化し,それが地球のダイナミクスや進化にどのような影響を及ぼすのかを研究しています.
また一方で,マグマ研究のために開発した実験技術を利用し,非晶質材料(例えば,酸化物ガラスやガラス状カーボン)などの研究も行っています.

地球深部ダイナミクス研究センター

〒790-8577 愛媛県松山市文京町2-5
愛媛大学城北キャンパス
理学部構内総合研究棟Ⅰ >>Access Map
TEL 089-927-8197 / FAX 089-927-8167
サイトポリシー      内部専用ページ
Copyright GRC All rights reserved. | 旧ホームページはこちら