20世紀のめざましい科学技術の進歩によって、人類の長年の夢
であった宇宙旅行や海底探査が実現されましたが、私達の住む地球
の中は依然として未踏の地です。しかし、確かに21世紀に至った
今日においても地球深部に行くことは困難ですが、最新の科学技術
を用いれば地球深部の詳細な構造や物質構成、またその動き(ダイ
ナミクス)を科学的に解明し、3次元的に視覚化することさえ可能
です。

愛媛大学では、このような地球深部科学の分野で、実験的手法やコ
ンピューターを駆使した先端的研究がおこなわれてきました。特に
理学部における超高圧実験や放射光実験による地球構成物質の研究、
地震波トモグラフィー (CT)による地球深部構造の研究、工学部に
おける高いガス圧下での物性測定などの分野では、世界でもトップ
レベルの特徴的な研究が展開されています。このようなこれまでの
研究実績を踏まえ、理学部と工学部にまたがる関連分野を有機的に
結びつけ、地球深部の物質科学・構造・ダイナミクスに関する研究
教育の一層の推進を図ることを目的に、愛媛大学地球深部ダイナミ
クス研究センターが平成13年4月に学内共同教育研究施設として
新設されました。

 本センターでは、上記の分野で培われてきた革新的技術と独創的
研究をさらに発展させ、地球深部関連科学の総合的推進を図ります。
また学内の広範な基礎科学分野の研究交流の促進を目指すとともに、
国内外の関連研究機関との交流および情報発信の拠点としての役割
を担うことも重要な目的としています。

 本センターの活動により、地球深部の微細構造や物質構成、それ
らの物理的性質や化学組成、地殻変動や地震発生などのダイナミッ
クな挙動、さらには地球および惑星の起源と進化の解明にも大きな
進展がもたらされるものと期待されます。また、このような基礎科
学分野での研究成果とともに、例えば極端条件を利用した新しい超
硬材料の開発などの応用研究の展開や、地震災害予測および関連情
報発信等の面での地域貢献も見込まれています。